ジムでの筋トレ効果を80%から120%にする5つの方法

体を絞ろうという人や、痩せたいという人、体を大きくしたいという人……。 ジムで筋トレする目的は様々ですが、全員が「120%の効果を出したい!」と思っているはずです。 そこで今回は120%の効果を発揮する、ジムでの最も効率的な筋トレ法を紹介します。

① 正しいフォームで行う。

実はこれ、筋トレの基本の基本なんです。 ですが、これができていない人が結構多いんです。 たとえばジムで、かなりの重量で筋トレに励んでいる方がいらっしゃいます。もちろんそれはいいことですが、たまに「これはダメだな」と思うこともあるんです。 なぜなら、フォームが間違ってるからです。 スクワットもケーブルプッシュダウンも、正しいフォームで行わないと効果がありません。正しいフォームがわからなければ、トレーナーの方に恥ずかしがらずに聞きましょう。 間違ったフォームでトレーニングし続ける方が、はるかに恥ずかしいです!!

② マシンばかり使わない

マシンには利点と欠点があります。 まず利点ですが、それは、一部の筋肉を効率よく鍛えられることです。 一方で欠点は、一部の筋肉しか鍛えられないことなんです。 様々な筋肉を鍛えるには、フリーウェイトが必要です。 バーベルや、ダンベルを使っての筋トレも、しっかり行いましょう。 もちろん、フォームが一番大切ですので、適切なフォームでフリーウェイトを行いましょう。

③ 休憩は3分までにする

休憩をとるのはいいんですが、「とりすぎる」はマイナスです。 休憩は長くても、3分にしましょう。 なぜならまず体が冷えてしまいます。 そして運動中にはアドレナリンが放出されています。このアドレナリンは、脂肪組織の脂肪を分解し、酸素の消費を早める力を持っています。 運動してせっかくこのアドレナリンが放出されたのに、いちいち5分以上の休憩をとっていたら、それが全く無駄になります。 個人的な経験からのコツですが、ジムにいる時間を1時間とか45分というふうに、決めたらいいと思います。 そうすることで、ダラダラ休憩をとる事態はなくなるのではないでしょうか。

④ 背中や足をちゃんと鍛える

体の中で、最も大きな筋肉はどこでしょうか。 実はそれは脚と背中です。 この体の中で最も大きな筋肉を、ちゃんと鍛えないと、効果が上がりません。 たとえばベンチプレスの回数は、ベンチプレスばかりやっていても伸びませんし、安定もしません。 脚もちゃんと鍛えて、下半身に力をしっかりつけた方が、より効果的です。 一番大きな筋肉である脚と背中をちゃんと鍛える方が、結果的には、理想の身体への近道となるのです。

まとめ

正しいフォームでトレーニングする ②マシンばかり使わず、きっちりフリーウェイトも行う ③休憩は3分までにする ④一番大きな筋肉である、背中と足をちゃんと鍛える 以上になります。 中でも特に大切なのが「①正しいフォームでトレーニングする」です。 なぜなら間違ったフォームでのトレーニングは、怪我にもつながるからです。 ちなみに週に1、2回ジムに通う場合、効果が表れるまで大体3ヶ月ほどかかります。 筋トレ初心者は、まずは3ヶ月を目標に頑張ってみましょう。効果があらわれれば、モチベーションも大幅アップするはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です